職場の人間関係の疲れをちょっとした意識で変える4つの知恵

職場の人間関係

あなたは職場の人間関係に疲れを感じていませんか?繰り返される毎日の中でちょっとした違和感を感じたのであれば、それは潜在意識からのシグナルだと言えます。

ちょっとした違和感の積み重ねこそがストレスにつながり、職場の人間関係を疲れさせてしまう要因となっていくのです。職場の人間関係のストレスをやわらげ、心身ともにエネルギーを充満し続けるにはコツがあります。

そのコツとはあなた自身が捉われている考え方を少しだけ変えてみるということです。今までしみついた考え方を変えるということは一見難しいように感じられると思います。しかし、そこまで難しい事でもありません。日々の物事に対するとらえ方を少し変えつづけるだけでも積み重なり劇的に変わっていくものです。

今回の記事では自分自身が捉われている考え方を変えるちょっとしたきっかけになるのではないでしょうか。

7日間無料メールコーチング

  • メリット1 あなたの心が本当に求めているものに気づける
  • メリット2 行動を起こすかどうか、自分の判断基準を知れる
  • メリット3 恐れや苦しさと向き合う、大切な意味に気づける

7日間の無料メールコーチングではあなたが抱えている自己制限的な枠を
取り払うきっかけを提供しております。

VisionaryMindコーチ陣が投げかける問いを7日間真剣に考え続けることで、
あなたは不安を乗り越えるすべを自らの中から見つけて行くことでしょう。

また、あなたが本当に情熱を注げる未来を見つけることが出来るかも
しれません。

経験豊富なプロのコーチ陣が真剣にあなたと向き合う贅沢な7日間

この機会に是非ともお試しいただければと幸いです。
あなたが幸せな人生を歩まれることをコーチ一同心より応援しております。

ご登録はこちらからお願いします↓

*メールアドレス

1.思い込みを手放す

思い込み

あの人は傲慢でとっつきにくい。あの人と話をしてもまったく盛り上がらない。あの人とはなんだかそりが合わない。

職場の人間関係に関してこのような意識は思考として無意識上に絶えず流れ出ています。思考とはやっかいなもので考えようとして考えたから頭の中に浮かぶのではなく、次から次に勝手に浮かんでは消えていくものです。

よって、すべての思考を管理していくというのはとても難しく高度な修行を要するものでしょう。仏教の高僧や、悟りを開いた先人たちのように無の境地を体得出来る人なんてそうそういませんからね。

ということは、思い込みを手放すというのは思考を消すということではないということですね。どちらかというと、無意識が流してくる思考に意識を向けつつ思考が発する否定的なシグナルに気が付くことが大切なのです。

否定的な思考に気が付き、意識をすることで自分の否定的な思考は形を成します。形を成すからこそ、その思考にしがみつくのか、手放すのかを自分自身で意識的に選択することが出来るようになるのです。

当然、一度選択したとしても、頭の中で巡り巡る否定的な思考が根本から消えるわけではありません。それでも、耐えず意識を向けて、選択を繰り返すことで思い込みは徐々に頭の中から手放されてくるものです。

そのため、頭の中に思考に気が付くよう、意識を向け続けるというのはとても大切なことだと言えます。

2.過去に縛られない

縛られない

心は過去によって条件づけられているから、あなたは何度も繰り返して過去に反応し続けるしかない。東洋ではこれをカルマと呼ぶ

ニューアースより引用

最新の機能脳科学では私達はそれぞれの仮想現実を現実だと思い込み生きていることが証明されています。どういうことかというと、現実とは今、この瞬間にしかありません。今この瞬間というのは知覚した時にはすでに過ぎ去っている儚いものです。

私達がいまこの瞬間だと感じていることも、認知した瞬間にはもう過去の出来事になっています。そして、過去とは私達それぞれが認識した瞬間瞬間を自分自身の思考によって編集しなおされた仮想現実だといえるのです。

仮想現実の例

仮想現実

”私は人と話をするのが苦手だ”という人がいるとしましょう。その人は過去に人と話をして苦痛を感じた経験が何回かあったのでしょう。それを、自分自身の頭の中で歪曲し構成し直し、実際に経験した出来事よりも誇張して捉えてしまっていたらどうでしょう?

自分の頭の中で構築した過去のイメージに縛られてしまい、人と話をすることが苦手だと過度に思い込んでしまっているのだとしたら、まさにこれこそがカルマですよね。

人はだれしもが人生のあらゆる経験を寸分たがわず覚えていられるわけではありません。だからこそ、自分にとって必要だと感じる記憶のみを残しているのです。その記憶が自分自身の主観的な思考だからこそ、過去の記憶は自分にとって都合のいいように誇張されてしまうのです。

都合がいいとは言っても、自分の人生を役立たせるために都合がよいのではありません。現在、自分自身が持っている自己イメージを保たせることに都合がいいのです。人は本能的に変わることに対して極度に恐れているのです。だからこそ、現状の自分のイメージから変わらないように、無意識が都合よく過去の記憶を誇張させてしまうのです。

職場の人間関係において過去に縛られないとは?

過去

ここで過去に縛られないことについて考えていきましょう。自分の認識している過去は現実ではなく、仮想現実ようはフィクションだと受け止めることが大切です。フィクションとして受け止めるということは、現実ではなく、自分がそのように脚色してみていたのだと理解しながら過去を振り返るということです。

そうすることで、「自分と言うのはこのような人間」という思い込みから解放されることになります。ようはカルマからの解放ですよね。そうすることで、自分自身を窮屈な心の檻に閉じ込めていた思考から自由になることが出来るのです。

ということは、職場の人間関係においても、特定の人との過去のいざこざなど含め、自分自身の心が作り出した幻影にすぎないと思うことが出来るようになります。よって、過去に縛られないことで心は自由になることが出来るのです。心が自由になるという事は心が軽くなるということです。

3.あいさつを心掛ける

あいさつ

職場の人間関係が悪いところではあいさつをする習慣がないところが多いものです。出社してもあいさつもなく皆が黙々と仕事に取り組み始める職場の人間関係が良いはずもありません。

逆に、あいさつが行き交う職場の活気という物は躍動感があり、活気に満ちています。たかがあいさつひとつですが、場の空気を変えるのにとても有効な手段だと言えます。

だからこそ、自分から誰に対しても笑顔であいさつを出来るような人になるだけで、周囲のあなたへ対する意識は激変します。あいさつひとつで周囲からの印象がかわり、その挨拶が伝染して周囲の場を変えていく力になるのです。

言葉とはエネルギーそのものです。よりよいエネルギーを使い続けることで自分だけではなく周囲にも確実にいい影響をもたらしていきます。

職場の人間関係を変えるにはまずは自分からちょっとした変化を行うことが何よりも大切だと言えるでしょう。

4.心を開いてみる

心を開く

職場の人間関係を語るうえで外せないのが苦手意識の強い人との付き合いではないでしょうか?あなたも苦手意識を感じる人に思い当たる節があるのではないでしょうか?

ひとたび苦手意識を持ってしまうと不思議なもので心に境界線が引かれ、無意識のうちに近づきすぎないようになってしまっているのではないでしょうか。

一度このような状況になってしまうと、修復は難しく容易ではありません。なぜなら、このような心理的な境界線は相手に対しても瞬時に伝わってしまうという性質を持っているからです。言葉に出さずとも相手はすぐにあなたが苦手意識を持っていることを悟ってしまうのです。

だからこそ、一度心理的距離が出来てしまうと、あなたもあいてもとても居心地が悪い空間になってしまうのです。

このような場合、相手に対して自分から一歩距離を詰めたうえで、自分の素直な気持ちを自己開示してみることで関係性が大きく変わることが多いものです。苦手意識を感じていたこと、それを申し訳なく思っていたことなど伝えたうえで新たに関係性を築いていくことが出来てきます。

自分自身が本当に嫌いな人にはそのような気は起こらないと思いますが、苦手意識を持っているけれども、業務上仲良くやっていく必要がある人には効果的な方法です。

職場の人間関係を良くするのも悪くするのも自分自身の心掛けひとつで変わってきます。

まとめ

本日の記事では職場の人間関係をちょこっとよくするための小さな工夫についてお伝えしてきました。なにか明日からガラッと変わるようなテクニックや知識ではありませんが、今回の記事で書いた内容を心に入れておくだけで軽くなることを実感していただけるのではないかと思います。

絶えず、心に刺激を与え続け、疲れてしまっていてはストレスがたまる一方です。心にたまった不要なおもりを解き放ちつつ、自由にいっぽいっぽ進んでいただければいつの間にか心も晴れ上がり、職場の人間関係も徐々に改善されていくとのではないでしょうか。

 
上記の記事では人間関係のストレスから劇的に解放される方法を具体的に
お伝えしております。
 
併せてご覧いただければ幸いです。