抑えきれない心のもやもやを解消する3つのストレス発散法

日々の生活を一生懸命過ごしているとちょっとした苛立ちって出て来てしまいますよね。

ちりも積もれば何とやら。。。
そのちょっとした苛立ちが心の中にとっちらかってしまうとさぁ大変です。

きっと、このブログを見ているあなたも、心の中のもやもやした思いが、抑えきれなくなってしまい、苦しんだ経験が一度や二度ではないのではないでしょうか?

実はこの心のもやもやがとってもやっかいなストレスだったりします。

突発的な大きなストレスであれば、
感情を爆発させることで瞬間的に発散することも出来ますが、
心のもやもやってそうはいかないんですよね。

心の中のもやもやがまるでガスのように心に充満することで、
あなたから生きる活力を徐々に吸収してしまうのですから。

今回の記事ではそんな心のもやもやした部分に
スポットをあてたストレス発散法をお伝えさせていただきますね。

7日間無料メールコーチング

  • メリット1 あなたの心が本当に求めているものに気づける
  • メリット2 行動を起こすかどうか、自分の判断基準を知れる
  • メリット3 恐れや苦しさと向き合う、大切な意味に気づける

7日間の無料メールコーチングではあなたが抱えている自己制限的な枠を
取り払うきっかけを提供しております。

VisionaryMindコーチ陣が投げかける問いを7日間真剣に考え続けることで、
あなたは不安を乗り越えるすべを自らの中から見つけて行くことでしょう。

また、あなたが本当に情熱を注げる未来を見つけることが出来るかも
しれません。

経験豊富なプロのコーチ陣が真剣にあなたと向き合う贅沢な7日間

この機会に是非ともお試しいただければと幸いです。
あなたが幸せな人生を歩まれることをコーチ一同心より応援しております。

ご登録はこちらからお願いします↓

*メールアドレス

Ⅰ.衝動的なストレスは簡単に発散できる

さきほどもお話させていただきましたが、瞬間的な大きなストレスって
実は結構簡単に発散出来てしまうんですよね。

休日にショッピングに行くもよし、お酒でストレス解消するもよし、
カラオケやスポーツなんていう手もありますね^^

実は抑えきれない衝動的な感情はバァーッと発散出来ちゃいます。

こういう強い衝動は脳の原始的な部分を司っているピーナッツくらいの
大きさの扁桃体という所から発せられるんですよね。

原始的な部位が刺激されるということは、
簡単にいうと獣になってしまうということですね。

かといって、私らは人間ですしね。
獣のようにウガーとかウオーと衝動や暴力で解決するとすぐに
お縄にかかってしまいますものね。

なので、先ほど紹介したような衝動を発散する行為で、
ある程度は解消してしまうんですよね。

私の知り合いには衝動的なストレスを感じたらうちにあるお皿を
バリンバリン投げつけて解消するというツワモノもいます(笑)

思い描いくとすっごい光景ですが・・・

まっ、人様に迷惑をかけないのであればいいのではないでしょうか^^

Ⅱ.心のもやもやは実は最もやっかいなストレス

衝動的なストレスよりもやっかいなストレスは心のもやもやです。
あなたの手のひらをみぞおち当たりにあててみて下さい。

なにかこう、違和感を感じたりしませんか?

人によってはもやもやだったり、逆に凝固されている感覚だったり、
じとーっとした感覚だったりと様々です。

もしも、居心地の悪い感覚があるのであれば、
それはあなたがストレスを抱えていることのシグナルかもしれません。

さきほど、強い衝動は原始的な脳である扁桃体から発せられるシグナルだと
お伝えしましたよね。

このもやもやした違和感というか思考は、
霊長類だけが持つ比較的新しい部分、大脳新皮質から影響を受けているのです。

位置的に言うと、扁桃体が脳の中央部分にあり、大脳新皮質が脳の最も外側
を構成する部分ですね。

大脳新皮質の働きを分かりやすく説明するためにも、
今からあなたに試していただきたいことがあります。

今から3分間、なにも考えることをせずに目を閉じていただけますか?

たった、3分間なにも考えずに目を閉じてるだけで大脳新皮質の
働きが良く分かるはずです。

いいですか?それでは今から目をつぶってみて下さい。
何も考えずにですよ^^

1.大脳新皮質の働き

はい。3分間何も考えずに目を閉じていただけたでしょうか?
え?出来なかった?

さては頭の中でおしゃべりが響き渡っていたのではないでしょうか?

「なんで3分も目をつぶるんだ?」
「あーおなか減った」
「大脳新皮質の働きがこんなんでわかるのか?」
「今日のテレビなんだっけ?」
「そういえばお昼ごはん何食べよう」etc

こんな感じで流れも脈絡もなく頭の中のおしゃべりが止まらなかったんですよね。
そう。大脳新皮質の主な役割は考える事。要は思考なのです。

普段意識をしない時は気付きませんが、常に私達は頭の中で思考が
ぐるぐる回り続けているんですよね。

ただ、普段は気付かないだけなのです。ここポイントです^^

2.もやもやしたストレスの正体

ちょっとしたストレスでも積み重なっていくとちりも積もれば状態です。
ただ、積もっているだけならいいのですが、あなたが気が付かないでも
大脳新皮質は積もったストレスについて思考を回し続けているんですよね。

「あの人はあいさつしたのに帰してこなかった」
「今日も遅刻してしまった。いつもなにやってんだろ」
「なんであの人はいつも口うるさいんだろ」
「あの人からは良く想われていないだろうな」
「この先どうなるんだろう。不安だな」etc

こういう思考があなたの頭の中でまるでBGMのように繰り返し
流され続けているのですから、それはもやもやしてくるはずです。

あなたは気が付かなくても、あなたの心にまるでボディーブローのように
着実に効いているのです。

もやもやしたストレスの正体はあなたの頭の中で半永久的に流れ続けている
否定的なBGMなので、ストレス解消法としてはこのBGMに気付いて消していくか、
選曲を変えるか、俯瞰して観察するということが最もいい方法だと言えます。

次の章ではこの心のもやもやをすっきりさせるためのストレス発散法を
お伝えさせて頂きますね^^

Ⅲ.抑えきれない心のもやもやを発散する3つのストレス発散法

この章では否定的なBGMである心のもやもやとの関わり方についてお伝えさせていただきますね。ストレス発散法としてあなたに合った方法を試していただくことをお勧めします。きっと、少しづつあなたが抱えている心のもやもやはなくなっていくことと思います。

1.BGMを消す

頭の中で回る否定的なBGMである思考をいっそ頭の中から消してしまうという方法です。たった数分でも頭の中のBGMを止める効果は計り知れないものです。常に思考を発し続けている脳がつかの間の静寂を味わうことで程よくメンテナンスされていくのですから。

1-1.瞑想

まずは、瞑想。当ブログで一押しというか、私が瞑想をライフワークとしているからより多くの人にしっていただきたいんですよね。

瞑想をする効果は素晴らしいものがあります。実際、朝・夕の一時間づつ瞑想を続けて半年以上たちますが、私の実感している効果をお伝えさせていただきますね。

瞑想は思考を止めるための最もポピュラーな方法のひとつです。にもかかわらず、効果は素晴らしいものだと思います。

1-1-1.集中力がつく

集中力は特にブログを書いている時に実感します。瞑想をやるようになってから記事を書くスピードが格段に上がってきました。理由は、「今この瞬間」に意識を保つことが出来るからだと思っています。「出来なかったらどうしよう」「めんどくさいな」とかいう、気持ちが過去や未来に飛ぶことがなくなったのが大きいと思います。

1-1-2.リカバリーが早くなる

瞑想をしていくと、「今この瞬間」に心を保つことが出来てくるため、後悔や不安といった過去や未来に縛られた気持ちに引きずられることが極端に少なくなるんですよね。「今この瞬間」に意識を保つことで、後悔や不安に引きずられないため、例え何かに失敗をしたとしても、すぐに平常心に戻れている実感があります。

1-1-3.人に対していい意味で思い込みに捉われなくなる

この人はこういう人。あの人はああいう人。など、人をレッテル張りすることが感覚として減ってきました。瞑想をする前までは、思い込みで人を判断していた部分があったんですよね。でも、瞑想をしていくと、想い込みというフィルターを通してではなく、ありのままの人として見ることが出来るようになった気がしています。うまく伝わりますかねー。

1-1-4.ストレスが格段に減る

これは瞑想の最も大きな効果だと思います。絶えず稼働をし続けてる脳を休ませることが出来るのですから、瞑想後はストレスが大きく張っていますね。また、瞑想を日々繰り返しているとちょっとしたストレスがたまらなくなってきた事も実感します。脳を適度に休ませている副次的効果なのかもしれません。

瞑想について

瞑想について詳しい記事はあなたの脳のパフォーマンスを最大化する瞑想の効果11選をご覧ください。 

1-2.呼吸法

瞑想と通ずるところがありますが、呼吸に意識を向けることも、思考を止めるにはとても力強い方法です。私が行っているヴィパッサナー瞑想ではストレス解消法としても、集中力をあげるための方法としても呼吸法をとても重視しています。

ヴィパッサナー瞑想の呼吸法はアーナーパーナーと言いまして、鼻の穴から上唇までの台形の部分に意識を集中させ感覚を感じ取ることだけに注力していくんですよね。

呼吸に意識を向けるのではなく、台形の部分の感覚に意識を向けるってところがポイントです。私で言えば、台形の部分に鼻息が当たっている感覚などに意識を向けています。

この呼吸法はいつでもどこでも出来る事がメリットです。ちょっとイラットしたなーと言う時や、心がもやもやしているなーという時にひたすら台形の部分に意識を集中するだけでいいのです。

やり続けていると分かると思いますが、この方法はかなり心が整理出来るんですよね。また、感情もとっちらからないというか。リラクゼーションの方法として本当に効果が高い方法です。

 
より詳しくは上記の記事をご覧ください。

2.選曲を変える

ストレス発散法の2つめとして頭に流れている選曲を変えるという事をお伝えさせていただきますね。選曲を変えるということは、ネガティブな曲を切り替えていくって感じですね。それがポジティブなジャズでも、リラックスするボサノバでもなんでも構いません。気が滅入る曲を切り替えることで、気持ちは大きく変わって行きます。

2-1.自己受容

ネガティブな選曲をしている人の多くは、自己受容が出来ていない人たちです。自己受容とはどんな自分でも受容してあげられる精神状態を指します。

何かをする自分には価値があるけれども、何かをしていない自分には価値がないなんていう価値観を持っていると人は自然と疲れてしまうんですよね。

自己受容出来ている人は、どんな自分でも「いいときもあれば、わるいときもあるさ。そんな自分でいいじゃない。人間だもの」というようなスタンスです。

自己受容が出来てくると、人と比較をすることもなくなりますし、自分を否定することもなくなるので、心がストレスから解放されてきます。

では、自己受容はどのように行うのか?

詳しくは、下記2つの記事をご覧ください。簡単にいうとどんな自分でも受け入れる心のスペースを持つというお話です。

自分を認めることで人生を劇的に変える自己受容2つの方法

自己受容するために習慣化していただきたいたったひとつの事

2-2.人に奉仕する

人に奉仕をすることはネガティブなBGMを切り替える効果的な方法です。奉仕とは寄付でもいいですし、ボランティアでもかまいません。また、友人や知人を手助けすることでもかまいません。ここで言う奉仕とは一切見返りを求めない行動の事を指しています。

無償の愛というと大げさですが、いっさい見返りを求めない奉仕をすることで、得られるメリットは大きいです。なぜ?それが私に分かるかって。少しそこら辺をお話しましょう。私は今年の1月4日間ヴィパッサナー瞑想のボランティアでキッチンの仕事をしてきたんですね。もちろん無償で。

人に無償で奉仕をすることで、自分も人から生かされているんだなという感謝の気持ちが芽生えてきたんですよね。もちろん、ヴィパッサナーでもそういう奉仕が得を積むうえでいいと推奨されてはいたのですが・・・でも、私は仏教徒ではありませんし、そういうのには興味ないなと思ってたんですよ。

けれども、友達が奉仕で行くというから、楽しそうだし一緒についっていったんですよね。そうしたら、あー。こういうことかって頭ではなく心で理解出来ました。なんか、すごく人に役に立ってるんだなーという幸福感で満たされたんですよね。で、たまっていたストレスも浄化されていたというか。

人から見返りがなくても、だれから見られていなくても、見返りを求めず人に奉仕をしたということは、自分がしっかりと他者に貢献出来たということを知っていれば幸福感を得られるんですよね。アドラー心理学でも他者貢献こそが幸せの道だと伝えていますしね。

人に奉仕をすることで、ネガティブなBGMから感謝のBGMに切り替わっていくのですから、おすすめです。

3.観察する

ストレス発散法として観察をするというのも重要です。ネガティブなBGMをあえて聞いて見るということですね。なぜこの選曲を今しているのか?という心の声に耳を傾けていくと、BGMが教えてくれることはたくさんあります。

3-1.人生の嘘に気付く

ネガティブなBGMが奏でられる背景のひとつとして、人生の嘘があります。人生の嘘とはアドラー心理学の用語です。簡単にお伝えすると、さまざまな言い訳を考え、今やるべきことに本気で取り組めていないことを指すんですよね。

例えばですよ。あなたがもし、今の会社を辞めて画家になりたかったと仮定してください。心が画家になりたいと叫んでいる状況を思い浮かべてみて下さい。

でもですよ。心が叫んでいてもあなたの思考はストップをかけてくるはずです。

「収入はどうするんだ?」
「安定しないぞ」
「うまく行く可能性なんてほとんどない」
「そんな能力はないだろ」
「夢を見るのもいいかげんにしろ」etc

このような思考に止められ、行きたい道を頓挫されることが人生の嘘なわけです。

で、こうなってしまうと、心は行きたがっているのに思考は全力で止めにかかっている
のですから、ストレスがたまってしまわないわけがないんですよね。
アクセルを踏みながらブレーキをかけているのに気付かない状態です。

で、人生の嘘に気付くということは、このような思考の声に気付く
ことを言います。

詳しく書くと長くなるので割愛しますが、
心の声と思考の声に気付くことであなたは主体的に自分の人生の
ハンドルを握ることが出来るようになっていきます。

今はブレーキなのか、アクセルを踏む時なのか、自分の意志で
決めることが出来る用意なればストレスは自ずと解消していくことでしょう。

自分の人生のハンドルをしっかりと握ることはストレス解消法として
とても大切なことだと思います。

まとめ

ストレス発散法としてBGMを消す、選曲を変える、観察することの重要さをお伝えさせていただきました。すべては思考とどのようにして向き合っていくかという方法です。

そして、これらすべてを統合出来るのが私がプロとして提供しているコーチングの魅力だという事も最後に軽くお伝えさせていただきたいと思います。

コーチングではこれら3つを統合して、クライアントの方の状況に応じて関わり方を変えていきます。クライアントさんは頭の中に流れる思考と様々な角度で取り組みあっていく事が出来るようになって行きます。

行き場のないストレスも関わり方次第ではこれから進む道の大きなエネルギーとなっていくものなのです。当ブログではメールコーチングという無料サービスをこれから提供して行きますので、興味を持っていただいた方はこの機会にご登録いただければと思います。

 
上記の記事では人間関係のストレスから解放される具体的な方法をお伝えしております。
併せてご覧いただくことで相乗効果が期待できる内容となっております。