人付き合いのコツ避けるべき対応8つと好ましい対応8つ

人付き合いのコツ

人付き合いが苦手な人の多くは信頼関係を構築することが出来ません。人付き合いの核となる信頼関係を構築することが出来なければ、いくら話が面白くても、聞く技術を知っていても役に立つことはありません。なぜなら、人は信頼関係を持てない人との会話ではおのずと心を閉ざしてしまうからです。

一度、心を閉ざされてしまっては、心の扉を開くことは容易ではありません。ましてや、こちら側も相手が心を閉ざす前から、心を閉ざしてしまっているのですから、無理はありませんよね。自分が心を閉ざして相手に接することによって、相手も心を閉ざしてしまうということは、何も言わずとも自分の考えが相手に伝わってしまっていると言えます。

心理学者のアルバート・メラビアン博士は、話し手が聞き手に与える影響がどのような要素で形成されるか測定しました。 その結果、話し手の印象を決めるのは、「言葉以外の非言語的な要素で93%の印象が決まってしまう」ということがわかりました。

視覚情報 (Visual) – 見た目・身だしなみ・しぐさ・表情・視線 …55%
聴覚情報 (Vocal) – 声の質(高低)・速さ・大きさ・テンポ …38%
言語情報 (Verbal) – 話す言葉そのものの意味 …7%

実は、言語的な部分は1割にも満たない、7%しか相手に伝わらないのです。

上記の例にあるように、人は言語情報以外から93%の情報を流しています。ということは、自分が心を閉ざしてしまうという情報も必然的に相手に伝わってしまうのです。人付き合いのコツは、自分が発する言語以外の情報を理解することから始まります。自分がどのような否定的な情報を相手に発しているかを知れば改善点が見えてくるのです。

今回の記事では、初めに否定的な情報を知り、次に会話相手にとって理想的な姿勢を保つための方法をお伝えしていきます。

関連記事として7つの非言語コミュニケーション!口に出さずとも伝わる印象もご覧いただければと思います。言葉以外で伝わるメッセージがどのように相手に伝わってしまうのかを具体的に書いております。

7日間無料メールコーチング

  • メリット1 あなたの心が本当に求めているものに気づける
  • メリット2 行動を起こすかどうか、自分の判断基準を知れる
  • メリット3 恐れや苦しさと向き合う、大切な意味に気づける

7日間の無料メールコーチングではあなたが抱えている自己制限的な枠を
取り払うきっかけを提供しております。

VisionaryMindコーチ陣が投げかける問いを7日間真剣に考え続けることで、
あなたは不安を乗り越えるすべを自らの中から見つけて行くことでしょう。

また、あなたが本当に情熱を注げる未来を見つけることが出来るかも
しれません。

経験豊富なプロのコーチ陣が真剣にあなたと向き合う贅沢な7日間

この機会に是非ともお試しいただければと幸いです。
あなたが幸せな人生を歩まれることをコーチ一同心より応援しております。

ご登録はこちらからお願いします↓

*メールアドレス

Ⅰ.セルフチェック!否定的な姿勢を発する8つの要素

この章では、話し相手に与える否定的な情報とはどのような情報かを具体的にお伝えしていきます。否定的な姿勢を取ると、話し相手に対して不快な感情を与えてしまい、結果として相手の心を閉ざしてしまいます。そうならないためにも、あなたが相手に対して不快なシグナルを出していないかを確認していく必要があります。人付き合いのコツは自分自身を知るということから始まります。

1.腕組み、足組み

相手と話をしている時に、腕組みや足組みをしているのは心理的な防御体制の現れです。自分自身の心を守っている態度が態度に現れてしまっています。がっちりと心を守ろうとしている姿勢は、会話相手からしてみたら心を閉ざしているということが丸わかりです。

人は自分に好意を持っている人に対して同程度の行為を変えそうとします。これを心理学用語で行為の返報性と言います。一方、自分を嫌っている人に対しても同様の心理が働くのです。こちらは嫌悪の返報性といいます。

腕組みや、足組みは会話相手に対して心を閉ざしている状態ということが直接的に伝わるため、相手は嫌悪の返報性で自分自身の心も閉ざしてしまうのです。あなたは人と話をする時に、腕組みや足組みをしていませんか?

2.手で自分の身体をあちこち触る

手で自分の顔や身体を触る行為は、緊張や不安を抱えている時に出てしまうものです。このボディメッセージも相手にとって緊張感を伝えてしまうメッセージとなります。人は相手と同程度の心理状態になろうと無意識的に働きかえているため、緊張が悟られてしまうと、相手も緊張をしてしまいます。

結果として、双方が会話にならなくなってしまうのです。人付き合いのコツとして、自分自身の発するボディメッセージの癖を意識することはとても大切です。このようなメッセージは無意識的に発している部分が多いため、意識をしていけば徐々に止めていくことが出来るものだからです。

3.スマホを見ながら話をする

これは論外と言ってもいいほどですが、私が実際にあった人でこのようなタイプの人がいたのでお伝えさせていただきました。自分の話をする時も、人の話を聞く時も、スマホが気になってずっとスマホを見ている人がいました。

SNSの依存症なのかもしれませんが、これでは他者と信頼関係を築いていくことなど出来ません。もし、会話中にスマホから離れられないという心当たりがある人は、一度、心の専門家の診療を受けてみることをお勧めします。最近ではSNS依存症の方も多いので、重症になる前に対策を講じてみて下さい。

4.髪をもてあそぶ

髪をくるくるもてあそぶ人も、自分の身体を触る人同様に、緊張感から来ています。自分自身を触ることで緊張感を癒そうとしても、他人から見たら不快な態度に移ってしまう事は否めません。緊張をやわらげるにはリラックスを心掛けてみて下さい。

簡単に出来るリラックス方法としては緊張と弛緩の繰り返しがおすすめです。こぶしにギュッと力を込めて数秒握ったあとに、力を抜いていくという行動を数回取るだけでも、脳の前頭前皮質に体中のエネルギーが蓄えられてきます。脳の前頭前皮質にエネルギーが蓄えられることで人はリラックスをしていくことが出来るのです。

5.目がそっぽを向いている

会話中に目がそっぽを向いてしまっている人は話に興味がないのか、目を見て話をすることが苦手な人かどちらかでしょう。話に興味がない場合でも、目がそっぽを向いてしまっては相手に伝わってしまいます。相手の話に興味がないことが伝わってしまっては当然ですが信頼関係の構築は出来ません。

相手の立場になって話を聞くことで、相手の話に興味を持つよう心掛けてみて下さい。相手の話を聞く具体的な心構えに関しては人間関係を良好に保つ!傾聴力を高める10の心構えをご参考下さい。人の話の聞き方について掘り下げて書かせていただきました。

6.緊張しすぎている

身体を触らなかったとしても、極度に緊張しすぎているという状態は相手にすぐに伝わるものです。呼吸は早くなり、顔は引きつり、話し方は早くなり・・・緊張をあらわすボディメッセージは無数にあります。人付き合いのコツとして、緊張を和らげるのに最も簡単で最適な方法がひとつあります。

その方法とは、ゆっくりと呼吸をすることです。ゆっくりと呼吸をする事で副交感神経が活性化して脳がリラックスモードに突入して行くのです。1分間4回くらいの呼吸を5分ほど続けて見るとリラックスモードになっています。是非お試しください。

7.身体をのけ反らせたり、大股開きをする

このような態度は相手に対して傲慢で不遜な印象を抱かせてしまいます。人と信頼関係を築くには相手に合わせた心理状態でいることがなによりも大切です。自分自身が相手に対して不快な態度を取っていないかを絶えず意識することで、客観的に自分自身を判断できるようになっていきます。

8.距離が遠い

パーソナルスペース

話をするためには適切な距離に近づくことが求められます。しかし、話をすることに対しての苦手意識から、適切な距離を取ることが出来ない人もいます。その場合、話をする距離が遠すぎることに繋がります。

話をするのに、過度に距離をあけられてしまっては、信頼関係を構築することは容易ではありません。人にはパーソナルスペースと呼ばれる身体的距離が存在します。上記の画像のように人によって適切なゾーンがあるのです。

自分自身のパーソナルスペースが逸脱するほど遠くなっていないかを絶えず意識しておくことはとても重要となってきます。

Ⅱ.会話相手と旧知の仲を築ける7つの方法

前章では言語情報以外からの否定的な情報についてお伝えしてきました。あなたが否定的な情報を発してしまわないように意識をするだけでも、相手に伝わる印象は大きく変わるということでした。この章では、相手とより親しくなるための言語以外の情報についてお伝えしていきます。どのように相手との距離を縮めていくかの参考になれば幸いです。

1.スケジュールを調整する

相手と改まった会話をするにはまとまった時間が必要となります。そのため、人付き合いのコツとしても、社会人としてもあたり前のことを初めに書かせていただきます。それは、自分自身の予定を調整して、相手と会話をする時間を作るという事です。

口約束だけではなく、相手との時間の調整を自分自身が率先して行うことで、相手との間に信頼関係が構築されます。自分自身から働きかけることで、相手にかかる負担は限りなく少なくなります。心理学用語ではこの状態を心理的報酬と呼びます。

簡単に言うと、人から受けた恩は返したくなるということです。自分のために時間調整までしてくれたという気持ちがあるため、実際に相手と対する時も、信頼関係がより構築しやすい状態だと言えます。

2.リラックスした姿勢を保つ

リラックスした姿勢を取ることは相手と話をする上で重要です。先ほどの章で紹介したように、緊張をほぐすにはゆっくりと呼吸をすることをお勧めします。実際、相手と対する前に自分の呼吸に意識を向けて、ゆっくりと調整していくことで脳は敵にリラックスした状態を作ることが出来ます。

これは、ゆっくりと呼吸をすることで、身体中から脳のリラックスを司る前頭前皮質にエネルギーが集中するためです。人付き合いのコツとしていかにリラックスするかということはとても大事なことです。ゆっくりとした呼吸は簡単であり、且つ効果的な方法であるためお試しください。

3.軽い前傾姿勢

人付き合いのコツとして、人の話を聞いている最中は軽く前傾姿勢を取ることをおすすめします。前傾姿勢を取ることで相手は話を真剣に聞いてもらっているという気持ちになるからです。ちなみにコーチングでの聞く技術を傾聴と呼びます。

傾聴という言葉は、耳も心も身体も傾けて話を聴くという姿勢から来ている言葉です。このように、身体を使って話を聞く姿勢を表すことで、相手との信頼関係はより強固になっていくのです。

4.ジェスチャーの積極的な使用

ジェスチャーを使用すると、相手との信頼関係をより短時間で構築することが出来るようになります。特に、相槌とNLPのミラーリングが効果的です。

相槌とは、相手の話した内容に対して、所々で真剣に聞いているということを伝えるために行います。ミラーリングとは相手の動作を鏡に映したように同様の動作をしていくことを指します。心理学に類似性の法則というものがあります。簡単に説明すると人は自分と似た人に対して行為を持つということです。

相槌では、自分の話に興味を持ってくれているということを相手に伝えることが出来ます。これにより、相手はあなたを自分と同じ価値観を持っている人として認識してくれるようになります。また、ミラーリングでは自分と同じ動作を行うことで無意識化で類似性の法則が働き、自分に対して好意的な印象を持ってくれるようになります。

人付き合いのコツとしてジェスチャーは大変効果的ですが、相槌、ミラーリング共にひとつ注意点があります。それは、あからさまに多用しすぎないことです。このテクニックはあくまでも相手の無意識化に働きかけることがポイントであるため、過度にやりすぎてしまっては意味をなしません。

話の要所要所を見極め使うことで効果が最大限に発揮されます。

5.目を合わせる技術

目を見て話をすることが苦手な人の場合は人付き合いのコツとして、相手の鼻の頭を見ながら話をすることをおすすめします。相手は鼻の頭を見られていても、目が合っていると錯覚をしてくれるので、目を合わせていないということに気が付くことはありません。

このやり方ですこしづつ慣れていけば、徐々に相手と目を合わせることが出来るようになってきます。目を見ることに初めは苦手意識を感じていても、慣れることでいつの間にか自然と相手の目を見ることが出来ます。目を見ることが苦手な人は単純になれていないだけだと言えます。

6.表情を意識する

表情を意識するとは、相手の話に合わせて共感した表情を出していくことを指します。相手が明るい話をしているのに、あなたが退屈そうな顔をしていたらどうでしょう?逆に、相手が悲しい話をしているのにあなたがにやにやしていたら相手にはどう映るでしょう?きっといい印象を持つことはありませんよね。

このように顔には言葉以上に相手に対しての情報が瞬時に出てしまうのです。だからこそ、相手の話を真剣に聞いて共感を示すことが大切なのです。表情を意識するとは言っても、常に表情に気を配るのではなく、相手の話に共感を示すという意識を持つだけで十分です。それだけでも自然と表情は相手の話に共感した表情になっていくものです。

7.パーソナルスペースへの配慮

相手とのパーソナルスペースを配慮した関わり方も人付き合いのコツとして意識しておいた方がいい部分です。親しい間柄でもないのに、相手との距離を縮めすぎたり、これから会話をするにもかかわらず、相手との距離を離し過ぎたりしてしまっては信頼関係の構築は危ぶまれます。

また、相手との頭の高さが同じほうが心理的距離は近くなります。例えば、あなたが座っていて、相手が立っている場合を考えて見て下さい。電車での移動などの特殊な状況下でなければとても話しにくいですよね。

座って話をする場合は相手との頭の高さが同じ状態になるように椅子の高さを調整することもひとつのテクニックとなります。

8.適切な範囲での身体的接触

欧米に比べアジア圏ではあまり身体的な接触はしません。しかし、それでも身体的接触は心理的距離が近くなるため、使えるところでは使うべきです。では、どのような所で身体的接触を使うことが好ましいのかをお伝えさせていただきます。

それはあいさつの時に右手を差し出すことです。そうすれば、相手も無下に断ることはしません。特にこれから友好的な関係を築いていこうと考えている相手には有効です。また、握手の強さも心理的距離に影響を与えることが実験で明らかになっています。

欧米人の人と握手をされたことがある方はお分かりだと思いますが、結構強めに握手をしてきますよね?それは、強めに握手をすることが信頼関係を構築する上で有効だという事が文化的にわかっているからです。

実際、強めに握手をすることで、エネルギーやバイタリティがあるようにみられる上、人としての信頼感も向上することが出来るのです。多くの日本人がやらないことだからこそ、握手のインパクトは強いものです。相手との心理的距離を縮めるための人付き合いのコツとして、あなたも強めの握手を取り入れられてはいかがでしょうか?

まとめ

今回の記事では人付き合いのコツをお伝えしてきました。多くの人は人付き合い=会話をすることだと考えていますが、それは正しくないということでしたね。会話の内容は7%ほどの印象しか相手に与えることが出来ないからです。

では、どこを強化していくべきか?それは、会話以外の非言語的情報だということです。この部分は、会話と違って意識をすればすぐに改善することが出来るポイントである上、改善をすると劇的な効果が表れるポイントです。

会話の場合は、話し方や聞き方を徹底的に覚えて、練習しての繰り返しになるため、ある程度時間を要しますが、非言語的な情報を改善する場合は今日からでも可能です。このように、自分が発信している情報を客観的に分析して、ひとつひとつ改善することでコミュニケーションの達人に一歩ずつ近づいていけるでしょう。

人付き合いのコツは非言語情報にありということですね。 

参考文献

思いやりの人間関係スキル R・ネルソン・ジョーンズ 誠信書房