寝不足なんて怖くない「気持ちよく寝るための8つの智慧」

睡眠不足は健康の何よりもの大敵ですよね。でも、毎日寝つきが悪くて睡眠が取れていないのはあなただけではありません。現代社会に生きる私達には眠りにつくまでに多くのストレスがのしかかっているため緊張している時に優位になる交感神経が休まる事が出来ずに眠りに付きにくくなっています。

ハーバード・ビジネス・レビュー誌は「睡眠不足は企業リスクである」という記事を出し、睡眠不足がパフォーマンス低下をもたらす事実を紹介している。記事を書いたのはハーバード・メディカルスクール教授のチャールズ・A・ツァイスラー。彼は睡眠不足を酒の飲み過ぎになぞらえ、1日の徹夜や1週間の4~5時間睡眠によって「血中アルコール濃度0.1%分に相当する機能低下」が起こると説明する。

エッセンシャル思考より引用

睡眠不足はこのようにあなたのパフォーマンスを著しく下げてしまいます。

本日の記事では交感神経を休ませ、リラックスしている時に優位になる副交感神経を引き出し、気持ちよく寝る方法をお伝えさせていただきますね。睡眠不足が解消できればあなたのパフォーマンスは日増しに改善されて行くことでしょう。

7日間無料メールコーチング

  • メリット1 あなたの心が本当に求めているものに気づける
  • メリット2 行動を起こすかどうか、自分の判断基準を知れる
  • メリット3 恐れや苦しさと向き合う、大切な意味に気づける

7日間の無料メールコーチングではあなたが抱えている自己制限的な枠を
取り払うきっかけを提供しております。

VisionaryMindコーチ陣が投げかける問いを7日間真剣に考え続けることで、
あなたは不安を乗り越えるすべを自らの中から見つけて行くことでしょう。

また、あなたが本当に情熱を注げる未来を見つけることが出来るかも
しれません。

経験豊富なプロのコーチ陣が真剣にあなたと向き合う贅沢な7日間

この機会に是非ともお試しいただければと幸いです。
あなたが幸せな人生を歩まれることをコーチ一同心より応援しております。

ご登録はこちらからお願いします↓

*メールアドレス

1.ぬるま湯のお風呂に入る

寝る前に37~39℃のぬるま湯のお風呂に入ることで、副交感神経が優位になり心身ともにリラックスして行きます。眠る前に副交感神経を優位にさせることが睡眠不足解消の一番の鍵です。逆にぬるま湯ではなく、眠る前に熱めのお風呂に入ると交感神経が優位になってしまうため注意が必要です。気持ちよく寝るには身体をぽかぽかと温めておきましょう。

2.一杯のハーブティーを飲む

ハーブティーの匂いがリラクゼーション効果を誘い副交感神経を優位にしてくれます。また、ハーブティーには身体をぽかぽかと温める効果もあるため、身体の内側からもリラックスして行きます。カフェインがないため交感神経を優位にする事もありません。気持ちよく寝るためのポイントとして夜中に起きないように一杯だけに留めておいて下さい。

3.一杯のホットミルクを飲む

ホットミルクも身体を温めリラクゼーション効果を高め、副交感神経を優位にして行きます。夜中に空腹感がある場合はハーブティーよりもホットミルクの方がおすすめです。ホットミルクを飲むことで、空腹感が満たされるからです。気持ちよく寝るならハーブティーと同じく何杯も飲み過ぎないようにしてください。

4.リラクゼーションの音楽を聞く

リラクゼーションの音楽は聴くだけで副交感神経を優位にして行く効果があります。眠る前の緊張をやわらげる上でリラクゼーション音楽の持つ効果は絶大です。タイマーをセットし気持ちよく寝るまでの間、癒しのエネルギーに包まれてみるのはいかがでしょうか?

5.観葉植物を眺める

観葉植物を眺めるとで目の緊張が和らぎます。また、観葉植物の加湿でドライアイを緩和する効果もあります。観葉植物がある事で、湿度調整が自動的にされるのもポイントです。部屋自体の居心地がよくなるという事ですね。また、緑色は人をリラックスさせる効果がある色です。これらを踏まえ、気持ちよく寝るには観葉植物を眺め副交感神経を優位にする事はとても効果的な方法です。

6.照明は暗めにしておく

人は夜になると自動的に副交感神経が優位になるように出来ています。しかし、照明が明るいと、脳は朝だと勘違いしたままになってしまうため、いつまでたっても副交感神経が優位になることは出来なくなってしまいます。夜眠る前は意図的に証明を暗くして置く事で副交感神経を優位にする事が出来るのです。

7.パートナーに抱き着くorペットを抱きしめる

人や動物と触れ合う事で脳は多幸感を与えてくれる幸せホルモンであるオキシトシンを放出してくれます。多幸感があふれることで副交感神経は優位になり身も心もリラックスして行きます。気持ちよく寝るにはパートナーやペットを抱きしめる事も大切な行為です。

8.瞑想をする

眠る前に瞑想をする事で脳からストレスがなくなり、頭の中に散らばっていた情報も整理されるため、眠りにつきやすくなります。また、日中15分の瞑想は2時間分の睡眠に匹敵すると言われているほど瞑想と睡眠のつながりは深いです。瞑想を行う事で睡眠の質は格段に向上していきます。気持ちよく寝るには個人的に瞑想は欠かせないと思っています。

瞑想の方法は下記のリンクでお伝えしております。ご興味があればご覧ください。

あなたの脳のパフォーマンスを最大化する瞑想の効果11選 *

私が瞑想をやり続けて個人的に得た効果は下記にてお伝えしております。こちらもご興味があればご覧ください。

毎日2時間以上半年瞑想を続けた結果!累計538時間の真実 *

まとめ

今回の記事では気持ちよく寝るための方法についてお伝えさせていただきました。どれも共通して言えることはいかに副交感神経を優位に立たせリラックスをするかという事です。逆にいいかえれば、寝る前に神経を高ぶらせる事をしてはいけないという事ですね。

質の高い睡眠をとる事が出来るようになればあなたのパフォーマンスは劇的に向上して行くことでしょう。だからこそ、睡眠をしっかりとることにコミットして見る事をおすすめします。心身ともに最高の状態に保つには睡眠が何よりも大切だからです。

 
関連記事として上記の記事もご参考下さい。