ラポールを阻害してしまう心の壁と信頼を構築する4つの約束

ラポール

過去の記事ではラポール(信頼関係)を築くテクニックを中心にお伝えさせていただきました。ミラーリングやペーシング、ノンバーバルコミュニケーションなどラポールを築く技術は当ブログにて所々で取り扱っております。

今回の記事ではラポールを築く上で、テクニックよりもはるかに重要な心理的側面についてお伝えさせていただきたいと思います。ラポールを築くための心理的側面さえ、理解出来ればラポールを築くテクニックをはるか高みに押し上げていくことが出来るでしょう。

では、ラポールを築くための心理的側面とはいったいどのようなことを指すのでしょう?それは、自分自身の心の壁から出る方法となります。心の壁を作ってしまう原因を知り、その対処法を理解し、さらにラポールを築く上で重要な意識を学ぶことで、自然とラポールを構築できる下地を作り上げていくことが出来るのです。

その上で、ラポールを築くテクニックを使っていくことこそが、ラポールを築く上で最も大切なことがど言えます。

7日間無料メールコーチング

  • メリット1 あなたの心が本当に求めているものに気づける
  • メリット2 行動を起こすかどうか、自分の判断基準を知れる
  • メリット3 恐れや苦しさと向き合う、大切な意味に気づける

7日間の無料メールコーチングではあなたが抱えている自己制限的な枠を
取り払うきっかけを提供しております。

VisionaryMindコーチ陣が投げかける問いを7日間真剣に考え続けることで、
あなたは不安を乗り越えるすべを自らの中から見つけて行くことでしょう。

また、あなたが本当に情熱を注げる未来を見つけることが出来るかも
しれません。

経験豊富なプロのコーチ陣が真剣にあなたと向き合う贅沢な7日間

この機会に是非ともお試しいただければと幸いです。
あなたが幸せな人生を歩まれることをコーチ一同心より応援しております。

ご登録はこちらからお願いします↓

*メールアドレス

ラポールを阻害してしまう心の壁を作ってしまう7つの流れ

ラポールを阻害してしまう心の壁を作ってしまう要因は主に7つです。この章では【自分の小さな「箱」から脱出する方法】にて紹介されている、心を閉ざしてしまう要因について私なりの言葉や経験に基づく形でお伝えさせていただきたいと思います。本書では箱と表現されていますが、心の壁の方が当ブログでは伝えやすいとの判断から、心の壁と表現しています。

1.他の人のためにすべきだと感じたことに背く行動

相手のために何かをしてあげたいという感情が出たのにも関わらず、その感情に反した場合、その相手に対して心の壁が出来上がってしまうことを指します。

たとえば、仕事仲間の女性がたくさんの荷物を抱えていたと仮定してください。とても急いでいるようですが、荷物が多くて困り果てています。そんなとき、あなたはふと手を貸してあげたくなったとしましょう。でも、よく考えると、自分自身の抱えている仕事も多く、時間的な余裕もあまりない状況です。

このような時、はじめに感じた感情に準じて相手を助けてあげれば心の壁は出来ませんが、はじめに感じた感情に反して、見捨てるという行動を取った場合、一気に心の壁が出来上がってしまうのです。このように自分の感情に反した行動を自分への裏切りと言います。

2.裏切りの正当化

自分への裏切りをしてしまうと、その裏切りを正当化するために人間の思考は様々な思いを巡らせます。自分の行為を正当化し、相手を乏しめて考えてしまうのです。

自分への正当化

  • 仕事をたくさん抱えていて無理をしている
  • こんなに大変な仕事をしているのに誰にも助けを求めないで自分ひとりで責務を全うしている
  • 責任感の強い男
  • 会社のために身を粉にして働いている
  • 重圧を背負っている

相手に対する見方

  • わざとらしい振る舞いで嫌悪感が湧く
  • きちんと準備をしていないからだ
  • 時間的にもっとペースを考えるべきだ
  • 女性の立場を利用して助けを求めようとしているのではないか
  • 汚い考え方だ

3.現実を見る目のゆがみ

自分の感情に反して手を貸さなかったことで、自分自身の頭の中では自分を正当化し、相手を乏しめる考えが次から次に湧き上がってきます。すると、相手の行動を現実に即した状態で判断することが出来なくなってしまうのです。要は、相手の行動を勝手に妄想し、嫌悪感を抱いてしまうのです。

4.自分の感情に背くことが心の壁を作る

始めに相手のために何かをしてあげたいという感情に準じて行動していたら、当然心の壁は出来ていませんよね。相手の立場を考え、相手のために行動をするということは、相手に対して心をオープンにしている状態だと言えます。心の壁を作って距離を置いている状態とは違いますよね。

逆に、自分の感情に背くことによって、自分を正当化し、相手を乏しめる思考が出ることにより、心の壁は出現してくるのです。心の壁が出現してくるということで、相手に対してオープンでいることは出来なくなってしまうのです。

5.いくつかの心の壁を自分の性格だと思い込む

これまでは、自分が他の人のためにすべきだと感じた行動に背くことによって、心の壁を作ってしまうという事をお伝えしてきました。では、他の人のためにすべきだと感じた行動に背かなければ心の壁は作られないのでしょうか?それは違います。

他の人のためにすべきだと感じた行動に対して背くたびに、私たちは自己正当化をしてしまいます。そして、ひとつひとつの心の壁が出来てくるごとに、いくつもの心の壁を自分自身の性格だと思い込んでしまうのです。

たとえば、自分は人が困っていることに対して気軽には助けない人だとか、相手から話しかけられない限り、自分からは話しかけない人間だとか、人に対して励ましや感謝を伝えない人間だとか・・・

自分が他の人のためにすべきだと感じた行動に背くことによって、出来た心の壁が自分自身のアイデンティティとして育ってしまい、性格の一部だと思い込むのですからやっかい極まりないと言えるでしょう。

6.心の壁を作ることで、ほかの人たちにも壁を作らせてしまう

心の壁を作ることで自己正当化した自分自身を保つために、相手を乏しめて判断してしまうということは、相手の立場からしたらどうでしょう?たまったものではありませんよね。自分自身に対して心を閉ざしている人に対して、心を開いて接することなど聖人でもない限り出来ないのではないでしょうか?

当然、自分自身が心に壁を作って人に接すると、相手もその壁を察知し、心に壁を作ってしまいます。そして、お互いが壁を作ることでラポールを築く可能性は失われてしまうのです。お互いが心に壁を作ったままではどのようなテクニックをつかってもラポールを築くことなど出来ません。

7.心の壁をつくると、互いに相手を非難し、自分を正当化しあう

最終的に、心の壁が両者につくられてしまうと、両者ともに自己正当化をしてしまう上に、相手を乏しめて考えるため、ともに相手を攻撃してしまうという関係になってしまいます。どちらも、自分が正しく相手が間違っているという認識がぬぐえないことによって、争いが絶えなくなってしまうのです。

お互いが意図しなくても争いをし続ける関係を共謀しあいながら作り上げている状態だと言えます。この状態ではラポールはどう頑張っても築くことは出来ません。このような状態では、自分が心の壁を作り上げていることすら理解が出来ない状態だと言えます。

ラポールを構築する上で大切な4つの約束

心の壁を作ってしまうことで、ラポールが阻害されてしまう事がご理解いただけたのではないでしょうか?この章では、心の壁から解放されるための心理的側面に重きを置いて説明させていただきたいと思います。【四つの約束】にて紹介されている心のあり様が、心の壁を放棄するには効果的だと感じたので、四つの約束について触れさせていただきますね。

1.正しい言葉を使う

正しい言葉を使うとは、当ブログでも時折触れているように感謝の言葉や、肯定的な口癖のように自分自身のエネルギーをよりよく上げてくれる言葉を使っていくという事です。逆に、自分は何をやっても駄目だ。いつも最終的には負けてしまう。運が悪い。など、自分を否定的にとらえる言葉は正しくない言葉となります。

正しい言葉を使うことで、潜在意識に肯定的な自己像が確立されてきます。何があっても自分を信じ、自信に満ち溢れる強い自分となるようなイメージを潜在意識に植えつけるには、正しい言葉を使い続けていくことが重要なのです。

正しい言葉を使い自分に自信を持つことで、自分自身の感情を裏切った行動を取ることが減っていきます。そうなると、心の壁の出現頻度も減っていくため、ラポールを築きやすくなっていくことでしょう。

2.何事も個人的に受け取らない

何事も個人的に受け取らないという事は、自分自身を客観的に見ていくことです。主観的に自分自身を捉えすぎてしまうと、すべての出来事が自分自身を通して表出されてしまうものだと誤認してしまいがちになります。そうなると、自分自身の一挙手一投足すべてにおいて絶えず意識を持ち続けていなくてはなりません。必然的に精神的に疲れ果ててしまうのです。

自分自身に起こる出来事を客観的に判断する認識を持つことで、自分に起こるすべての出来事に対して、必要以上に気にすることはなくなっていきます。そうなると、自分自身の心のあり方に従って生きることが出来るため、精神的に楽に生きることが出来るのです。

そうなることで、必要以上に心の壁を立てなくて済むようになります。当然、心の壁が減ってくることで人とのラポールは必然的に築きやすくなっていくことでしょう。

3.思い込みをしない

思い込みとは、心の壁を作った時の自己正当化や、相手を乏しめる考え方です。思い込みをすると、絶対的に自分が正しいものだとしか判断することが出来なくなってしまいます。自分自身が誤っているかもしれないという別の視点から物事を見ることが出来なくなってしまうのです。

もし、心の壁を作ったとしても、自分自身が誤っているかも知れないと認識することが出来れば、その時点で心の壁がつくられていることに気が付くことが出来るのです。心の壁を認識することが出来れば自分自身の過ちを認めることで、心の壁を消していくことも可能となってきます。

思い込みを手放すことで、自分自身の心の壁を認識することは、人とラポールを構築する上でもとても重要なことだと言えます。

4.常にベストを尽くす

正しい言葉を使う、何事も個人的に受け取らない、思い込みをしない。これらは言うは易しですが、実行しようとするととても難しいという事に気が付くはずです。だからこそ、常日頃からベストを尽くして、これらにチャレンジすることが大切なのです。

毎回、挑戦して失敗したとしても自分を責める必要はありません。ベストを尽くして挑戦するということが意義のあることだからです。普段から意識をしていなかったことを、出来るようにするということは並大抵のことではありません。ただし、常にベストを尽くしてチャレンジしていけば、いづれすべての能力を身に付けていくことは至極簡単なことです。

絶えず、四つの約束に対してベストを尽くすことで、心の壁は小さくなり、より多くの人々とラポールを築き上げることが出来てくるようになるでしょう。

まとめ ラポールを築く最終奥義

最期になりますが、ラポールを築く上での最終奥義は、人を1人の人間として尊重して接することです。自分自身が相手を1人の人間として尊重して接することで、自分自身の心の壁は消えていきます。当然、心の壁が消えれば相手の心の壁も消えていくものです。

相手が心の壁を作っている時は、通常、自分自身も心の壁を作っている状態だと言えます。互いに心の壁を作っている状態ではラポールを築くことは出来ません。だからこそ、自分から心の壁を取り払う努力をすることが重要なのです。

そのためには、たとえどんなに苦手な人でも自分から心の壁を取り外す努力をしてみることが大切です。とはいえ、ひとりの人間として尊重するのは難しいという人も中にはいることでしょう。その場合は、ひとつ強力な方法があります。

それは、相手があかちゃんから今に至り、死を迎えるまでを想像してみることです。相手の中にもドラマがあり、家庭があり、愛があり、悲しむ人もいる。そのようにして、壮大な人間の物語を想像すると、嫌な相手でも少しは気が変わってくるものです。

この少しが心の壁を崩してラポールを築く上で大きな一歩となっていくことでしょう。よろしければ、相手を1人の人間として尊重して接するよう意識をし続けて見て下さい。

参考文献

自分の小さな「箱」から脱出する方法 アービンジャー・インスティチュート 大和書房

四つの約束 ドン・ミゲル・ルイス コスモス・ライブラリー