好きなことを仕事にするなら絶対に読んでおきたい必読書6冊

古今東西の成功法則の哲学では自分の好きなことを仕事にすることこそが成功への唯一の道だと言っています。

最近では成功哲学だけではなく、成功者のインタビューを統計化してデータ化したり、理論に落とし込んだりと西洋的な解釈も増えて来つつあります。

ひと昔前までは、成功哲学というとちょっと胡散臭く思われてしまいがちでしたが、最近では一般論として受け入れられやすくなって来ています。

私たちが提供しているコーチングではクライアントの方が最も大切にしている人生の目的を見つけてもらいます。そして、コーチングの期間中のテーマとしていかにクライアントの方が人生の目的に近づくことが出来るかを後押ししていきます。

自らの人生の目的を見出し、その目的に向かって進むようになると人はとても大きな力を発揮して行きます。だからこそ、私たちコーチはクライアントの方の可能性を信じ続けることが出来ますし、結果を信じて関わり続けることが出来るのです。

人生の目的とは自分が人生でこのような生き方をしたいと願いです。多くの場合、好きなことを仕事にすることが人生の目的に行きつく最短の道になって行きます。

本日の記事では「好きなことを仕事にするとなぜ成功するか?」について、コーチとしてとても参考になった書籍の紹介と、私やクライアントの方が「実際に好きなことを仕事にしたことでどのような変化がもたらされているか?」について具体的にお伝えさせて頂きます。

7日間無料メールコーチング

  • メリット1 あなたの心が本当に求めているものに気づける
  • メリット2 行動を起こすかどうか、自分の判断基準を知れる
  • メリット3 恐れや苦しさと向き合う、大切な意味に気づける

7日間の無料メールコーチングではあなたが抱えている自己制限的な枠を
取り払うきっかけを提供しております。

VisionaryMindコーチ陣が投げかける問いを7日間真剣に考え続けることで、
あなたは不安を乗り越えるすべを自らの中から見つけて行くことでしょう。

また、あなたが本当に情熱を注げる未来を見つけることが出来るかも
しれません。

経験豊富なプロのコーチ陣が真剣にあなたと向き合う贅沢な7日間

この機会に是非ともお試しいただければと幸いです。
あなたが幸せな人生を歩まれることをコーチ一同心より応援しております。

ご登録はこちらからお願いします↓

*メールアドレス

Ⅰ.好きなことを仕事にするなら絶対に読んでおきたい必読書6冊

この章では「好きなことを仕事にするとなぜ成功するか?」について私がコーチとしてお勧めしたい書籍を紹介して行きます。好きなことをして成功したいとお考えの方に是非とも読んでもらいたいものばかりです。

ビジョナリーピープル

このブログのビジョナリーマインドのサイト名の元となった本です。
私はこの本から大きく影響を受けています。

ビジョナリーピープルの特筆すべき点は、
20年という長い期間にわたり成功し続けている200名以上の成功者へのインタビューをもとに、
成功者がなぜ成功者になったのか?を分析し言語化している部分です。

インタビューしたすべての成功者は自らの生きがいに沿って
人生を歩んでいました。

そして、その生きがいに対して真摯に取り組み続けることが
出来たからこそ成功者への階段を上っていけているのだと結論づけています。

永続的な成功をものにできるのは、自分が完ぺきな人間であったり幸運に恵まれた人間だからではなく、自分自身の生きがいだと信じることに取り組む勇気を忘れないからなのだ。

ビジョナリーピープルより引用

他にも様々な金言がこの本にはあります。人生の指南書としてもお勧めして行きたい1冊です。

U理論

U理論もビジョナリーピープルと同じく生きがいに沿って
人生を歩むと成功するということを説いている本です。

著者の研究基盤である経営学に、哲学、心理学、認知科学、宗教などの
考え方が巧みに合わさった読み応えのある1冊です。

U理論では過去の延長線上から現在を生きるのではなく、
出現する未来の疼きから現在を生きることを推奨しています。

自分の直感を信じて生きがいに沿って生きると、
成功するための条件は必然的に満たされてくるということが書かれています。

まさに、好きなことを仕事にすることはU理論に当てはまることなのです。

下記のリンクでは私の実体験を踏まえU理論を解説しています。
よろしければご覧ください。

U理論から学ぶ成功者になるために必要な4つの方程式 *

アルケミスト

この本はフィクションですがとてもおすすめの1冊です。

ワクワクする冒険譚ですが、
ひとつひとつの文章からも学びを得ることが出来ます。

この物語で作者が伝えたいことは、
「自分の夢を信じて挑戦し続けると必ず夢は叶う。」と
いった所でしょうか。

数々の挫折や裏切り、挙句の果てには
命にかかわる出来事もある中で主人公はそれでも自分の夢を
あきらめずに運命に向かい続けます。

その過程で、引き寄せられるように出会うべく人と出会い、
成功へ通ずる状況が近づいてきます。

そして、最後には・・・

ここは読んでのお楽しみということで。

この本は世界中で読まれている大ベストセラーです。
何故こうも世界中で読まれているのか?

それは一度、目を通して見ると分かると思います。

なによりも言葉が胸に響くのです。
作者の魂が言葉に乗っているのでしょう。

見る人に勇気と希望を与えてくれる最上級の物語です。
「好きなことを仕事にするとなぜ成功するか?」について、
この1冊だけでも理解できるのではないかという程素晴らしい本です。

スリーカップスオブティー

この本はノンフィクションです。
先ほど紹介したアルケミストと内容はとても近いものがあります。

自分の生きがいを見つけた主人公が、
自らの人生の目的に沿った生き方をしていき、
世の中に大きなインパクトを巻き起こしていくまでのドラマが書かれています。

まさに、読んでいてワクワクしてくました。
また、ビジョナリーピープルやU理論で伝えられていることを
実践しているのがとても印象深かった部分です。

未来の疼きに従って行き、
情熱を燃やし一心不乱に自分自身の生きがいのために働き続けることで、
現実を引き寄せて行く力が働いて行きます。

この主人公のように意図をもって現実を生きている人だからこそ、
チャンスや偶然が必要な時に舞い降りて来るのだなと思いました。

人のエネルギーは伝播するんだなということが、
奥深い部分で理解できる良書です。

U理論やビジョナリーピープルを読まれた後に、
読んでみてください。

きっと、大きな気づきがあることでしょう。

シンクロニシティ

この本もノンフィクションです。

シンクロニシティとは意味のある偶然の一致のことです。

この本の主人公も生きがいを見つけ、
生きがいに沿って全力で生きて行き世の中に大きなインパクトを
巻き起こして行きました。

まさに、好きなことを仕事にすることで
成功して行った人だと言えます。

そして、この著者は自らに起こったシンクロニシティが
自分の人生に大きな影響を及ぼしていることに焦点をあてています。

このことはU理論やビジョナリーピープルでも重要視されている部分です。

自分の生きがいに沿って真剣に取り組めば取り組むほど、
素晴らしいタイミングで状況や出会いがやって来たりということが
頻繁に起こるそうです。

まさに、この著者のドラマを通してU理論やビジョナリーピープルの
本質を学ぶことが出来ました。

シンクロニシティとは偶然ではなく、
意図をもって生きることで必然的に誰にでも起こることなのだということが
理解出来ます。

私自身この本を読んで好きなことを仕事にすることに対してとても楽になった
ことを覚えています。

マネーゲームから脱出する方法

今回紹介した本はどれも私の人生に大きな影響を与えてくれました。だから、全てがお勧めです。しかし、現状最も役立っているという意味では「マネーゲームから脱出する方法」です。

この本では不安や苦痛を自らの原動力に変えて行く方法を伝えています。このやり方がいまの私にぴったりだったのですね。好きなことを仕事にすることは楽しいことではあります。ですが、どのような事にも当てはまるとは思いますが、希望が大きいほど不安や苦痛も大きいものです。

私自身、起業直後のお金や人間関係の不安や苦痛でどうしようもない時期にこの本に偶然出会いました。それからは、不安や苦痛があるたびにこの本で紹介されているプロセスという工程を使い自らにエネルギーを取り戻しています。

簡単に言うと、不安や苦痛という感情は味わい尽くすことでエネルギーに変わる性質を持っているから、味わい尽くしましょうということです。コーチングでもプロセスコーチングというやり方があり、同じく感情を味わい尽くすことでエネルギーに変えて行くという考え方です。

この本ではコーチをつけずに自分1人で不安をエネルギーに変えて行く方法を伝えてくれているのでとても助かりました。

この本に書かれているプロセスを日々実践することで、不安や苦痛を感じつくし、今ではかなり多くのネガティブな感情が取り除かれ、しかもエネルギーや意欲に変わっている実感があります。

この本に出合わなければ、私はいまだ不安と苦痛を克服できていなかったかも知れません。出会うべくタイミングで出会うべく本に出合えたのも、出現する未来から今を創ることで起こったシンクロニシティなんだなと理解しています。

特に、今現在、不安や苦痛を抱えている人にはおすすめの1冊です。また、チャレンジしたいのだけれども、不安や苦痛で足止めされている方にもおすすめの1冊です。

Ⅱ.実体験!好きなことを仕事にすることがいい11の理由

先ほど、紹介したスリーカップスオブティーやシンクロニシティの主人公のように私も現在生きがいに沿って生きています。彼らと違うのは私は現在進行形で歩んでいるという所でしょうか。単独のコーチからコーチングの会社を起業してどのように現実が変化して行ったかを実体験を通してお伝えして行きます。

1.情熱が湧く

可能性

好きなことを仕事にすることで絶え間なく情熱が湧き続けてくるようになりました。まさに寝ても覚めても四六時中です。情熱の炎が常に燃え続けている状態です。仕事をするほど情熱の炎に薪がくべられるような感覚を日々実感しています。

2.充実している

幸せ

自分の好きなことをしているのですから、仕事をしていながらも日々充実しています。おそらく、U理論でいう所の出現する未来から今を生きているからだと思います。自分自身のうずきを信じ、そこに没頭しているからこそ、充実感を感じているのでしょう。

3.ストレスが減る

リラクゼーション

好きなことを仕事にしているのですから、仕事をしている時はストレスは減っています。仕事に没頭しているからストレスを感じないのでしょうね。なによりも仕事をしている時こそ充実しているのですからストレスが減るのは当然と言えば当然かもしれませんね。

4.楽しめる

楽しめる

これは声を大にして言いたいですね。好きなことを仕事にするということは毎日好きなゲームをしているような感覚です。毎日ステータスが上がって行くのですから楽しくて仕方がありません。仕事をしているという感覚がないので、遊んでいるだけなんじゃないか?とたまに自分で疑いたくなってしまうほど楽しめています。

5.必要な情報が入って来る

耳を澄ます

好きなことを仕事にすると必要な情報が入って来るようになるのは、無意識のうちに情報を集め続けているからです。焦点を明確にすることで、必要な情報が絞り込まれ、自分にとって必要な情報が様々な角度から入って来ます。私自身、意識をしていなくてもなぜか必要な情報は適切なタイミングで入ってきています。

6.シンクロニシティが起こる

シンクロニシティ

まさに生きがいに沿って歩み続けている今現在はシンクロニシティが徐々に起こり始めています。本当に必要なタイミングで素晴らしい能力を持った人と出会ったり、失敗を繰り返していた時に自然と助けてくれる人が現れたり。とても高いハードルが表れても必要な情報が手に入ることでクリア出来たりと。。。まさにシンクロニシティの波に乗り始めて来ています。

7.直感がするどくなる

直感

私の場合、直観力が付きました。これは今すぐに行動に移すべきだなと思ったことに関しては、直感を信じて躊躇なく進めることが出来るようになっています。思考では理解できなくても答えをすでに持っているような感覚に身をゆだねることでシンクロニシティに巡り合う確率が高まっている感覚があります。

8.今この瞬間を生きれる

今この瞬間

好きなことを仕事にすることで一瞬一瞬を楽しみ続けることが出来るようになってきました。今この瞬間に没頭するとは突き詰めれば悟りの道へも通ずることです。今この瞬間を生きることで悩みや不安からは解放されるためクリエイティブな発想が湧きやすくなってきました。

9.睡眠力がつく

睡眠

やりたいことを思う存分やれて幸せなのですから当然ストレスが減りますよね。ストレスが減るということは悩みが減るわけで、あーだこーだとネガティブな思考で頭の中を汚染されないのですから、日々深い眠りにつくことが出来ています。

10.幸せになる

幸せ

やりたいことをやっているのですから、幸せになるのは当然だなと思っています。確かに、うまくいかないことやお金の不安はありますが、好きな仕事に没頭することでそれらの不安は消え去ってしまいますし、ないよりも徐々にではありますが結果がついて来ることで不安の種は小さくなる一方、希望の種は大きく育っています。

11.成功を引き寄せる

成功

これは面白いことに本当にそうだなと思います。先ほど紹介させていただいた書籍に書かれていることを実行しているだけで、得られると予測されている成功が日々舞い降りてきています。ひとつひとつはまだまだ胞子のようなものですが、小さな成功の胞子が自分を通して具現化している現実を体験するととても不思議な体験を出来ているなと改めて実感しています。

まとめ

いかがでしたか?

私自身、書籍に書いてある内容を実際に体験してみようと思い、
自らの好きなことを仕事にするためにかなりのリスクを負って飛び込んでみました。

その結果、まだまだ大きな成果はありませんが、
書籍に書かれてあるように未来から引き寄せられている実感はあります。

また、様々な偶然がとてもいいタイミングで現実化されてくるのも
自らの体験を通して理解できたことで書籍に書いてあることを深いレベルで
学ぶことが出来たと思っています。

私自身、パーソナルのコーチをしていた状況から、
コーチングの会社を起業するまでには様々な葛藤や苦しみがありました。

起業しても「うまくいかなかったらどうしよう?」とか、「起業しても5年後残っている会社は1割もない事実があるんだぞ」とか、変化を恐れて自らの思考がストッパーをかけて来ていました。

でも、人の可能性を信じ続け関わり続けることがコーチにも関わらず、
自分自身の可能性を信じられないのではコーチである意味もないと考え、
リスクの海に飛び込んでみました。

もがき苦しむものかと思ったら、蓋を開けたら飛び込むまでが一番つらかったなと
感じています。

飛び込んでみてからは毎日が驚きと発見の連続で、
苦痛よりも楽しさの方が多いくらいです。

まだまだ、会社として楽観視できない状態ではありますが、
出現する未来から今を創り続けて行けばおのずと成功は見えていることを
確信出来ているのも本日紹介させていただいた本のおかげだなと思っています。

今、私が自信を持って言えることは成功のレールに乗っているということ。
それは好きなことを仕事にすることが出来ているからです。

生きがいに沿って生きる人生は波乱万丈ではありますが、
面白いことは間違いありません。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

好きな事を仕事にする決断。偉人たち共通の行動基準とは?
組織心理学で博士号を取り、数々の著者でヒットを生んでいるマーシャ・シネターは米国で100万部を超えるベストセラーとなった著書『Do what...
上記の記事では人が生きがいを見つけた時に発揮する素晴らしい
ポテンシャルについて書かせて頂きました。

よろしければ併せてご覧ください。